【小学生編】運動会直前でもOK!『かけっこ』ですぐに身につく5つのポイント

運動会は明日💦 ~直前でもOK~
『かけっこ』『徒競争』で少しでも速く走るポイント5つ

「楽しい」「できた」「上手になった」運動・体操スクールみらスポのかずコーチです。

 

運動会はすぐそこ!

かけっこで、少しでも速く走りたい!

 

しかし、かけっこを速く走る為には、

「ジャンプ力」

「体幹の力」

「走るフォーム」

など基礎的な力がとても大切!

そして、これらはすぐに身につけるのは難しい💦

 

基礎から身につけている時間がない!

もう、ぶっつけ本番だぁ!!

今から、すぐに身につけられる、ポイントってない?

 

ご安心ください!

直前でも身につけやすい、かけっこを速く走る為のポイント5つを紹介します!

 

動画でも解説しているので、コチラもご覧ください。

 

幼児~1年生編は、コチラ↓↓↓↓↓↓↓

直前では、できることだけに集中しよう!

かけっこは、走るフォーム、特に脚の動きがとても大切ですが、

直前に改善しようとしても速くなるどころか、

かえって変な動きになり、遅くなってしまうこともあります。

今回、5つのポイントを紹介しますが、

この中でも、「自分(子ども)にはちょっと難しいな」

というものは、思い切ってスルーしましょう!

直前では、自分がやりやすい事に絞って、取り組むことが大切です!!

 

また、幼児から1年生ぐらいだと、少し難しい内容も含まれます。

難しそうと思ったらこちらをご覧ください!

1.スタートの姿勢

学校のかけっこのスタートを見てください(思い出してください)。

スタートですでに、数mの差がついていることってありませんか?

「合図」にすばやく「反応する」力はもちろん大切ですが、

実は、スタートの姿勢も、とっても大切なんです。

スタート姿勢の最大のポイントは『前傾姿勢』

前傾姿勢をとり、重心の位置を前にする事で、スタートからスムーズに足を運ぶことができます。

この前傾姿勢をとる為の、スタート姿勢の6つのチェックポイントをぜひ、子どもと一緒に確認しましょう。

 

1.両足の前後の幅&後ろ足はつま先をトン
 両足の前後の幅は、広げすぎず、狭すぎず
 目安としては、下の写真のように、後ろの膝が、前の踵近くにくる場所となります。
 後ろに引いた足は、踵はつけずに、つま先をトンと軽く置く程度にします。
 
2.膝をかかとより前に出す
 前の膝が踵より前に出るように前に曲げる。
 この時、脚の筋力がなくて、フラフラしてしまうようなら、踵の上ぐらいでもOK
 
3.頭をスタートラインの前に出す
 頭をスタートラインの前までグッと出す。
フラフラする場合には、足の前を目安にしてください。

 
4.前足のつま先側に体重をかける
 膝を前に出し、頭を前に出すと自然に重心の位置が前に出ます。
 前に倒れそうになるぐらい、前傾姿勢を取り、つま先側にしっかり体重をかけていきます。
 この時、前足の踵が、紙一枚分ぐらい浮く程度にできたら、なおよいです!

5.視線は1~2m先の斜め下
 前を見てしまうと、頭が上がり、重心が後ろに行きやすい。
 視線は、1~2m先の地面を見るように、下に落としていきます。

6.前足側の腕を後ろに引く

 前足と同じ側の腕を前に出す子が多いです。
 幼児~1年生ぐらいではこれでもOKですが、
 スタート後の加速をスムーズにするためにも、前足側の腕を後ろに引いていきます。

 

 
 
前後の幅の目安
小学生のスタート姿勢
 
 
 

スタート姿勢のより詳しい説明はコチラの動画をご覧ください!

 

 

2.スタートの合図は早い!

オリンピックなどの陸上競技の100m走では、

「用意(set)」の後、出場者の動きが止まってからスタートの合図がなります。

 

もう一度、運動会のスタートの場面を思い出してください。

スタートの合図、早くないですか?

陸上競技のように、みんなの動きを止まるのを待っていたら、とても時間がかかってしまいます。

それどころか、みんな、はやく動きたくてしょうがないから、フライング続出です(笑)

 

そう、運動会は「用意」~「スタート」までの時間が短い!

ゆっくり考えて、スタート姿勢の確認をしている時間なんてない!!

できるだけ早く、スタート姿勢を作り、「合図」に集中することが大切です。

この為のポイントは次の3つ

1.「位置について」でスタートライン付近に立つ
 できるだけ、スタートラインに近いところに立ちます。
 ただし、ラインを踏まないように注意!
 
2.「用意」で後ろに足を引く
 「用意」の合図で、後ろの足だけ、「スタート姿勢」で覚えた位置に引きます。
 この時、前足は動かさない!スタートラインを踏むことがあり、
 スタート姿勢を作るのに時間がかかってしまいます。
 
3.「スタート」姿勢を素早く作る
 前述した、「スタート」の合図をできるだけ早くとります。
 スタート姿勢を作れたら、スタートの合図に集中しましょう!
 また、素早くスタート姿勢を作る為に、
 「位置について」~「用意」の一連の流れをたくさん練習してください。

 

 

「位置について」
「用意」

 

3.腕をしっかり振る

意外と見落としがちな腕の動き

でも、腕の動きは、脚に比べて修正しやすい点です!

ただし、腕振りのクセがなかなか取れない場合もあります。

その場合、腕振りはスルーしてください!

1.手の形は何でもOK
 手に力を入れて力まないようなら何でもOK
 グーで握りすぎたり、ピンピンのパーはあまりおススメしてません。 
 
2.肘を90度に曲げて走る
 肘の角度は90度が基本!
 後ろに振る時とスタート直後は肘は少し伸びてもOK 
 
3.前後にまっすぐ大きく振る
 肩関節から大きく、肘を前後に動かします。
 横に振らないように注意!
 肩が前後に動いてしまう場合には、体幹(お腹周辺)に力を入れることが大切
 

 

 

肘が90度の腕振り
横に振る&肘が伸びてしまう
後ろ振る時は少し広がってもOK

 

詳しくは、コチラ↓でも紹介しております!

【かけっこのコツ】腕振りで意識するポイント

動画はコチラ↓

 

 

4.カーブは内側のライン近くを走る

当たり前の様ですが、意外とコレできていません。

学校のカーブがきついため、意識しても、外側に振られてしまう子も多くいます。

内側を走るポイントとしては4つ!

1.体を少し内側へ倒す
 体を内側に倒すことで、遠心力で外側に向かう力に対抗していきます。
 ただし、頭だけ傾けたり、倒しすぎにならないように注意です。

2.視線はカーブの先
 視線も少し内側を見るように、自分のコースの5~10m先のカーブの内側を見ます。

3.外側の腕を強く振る
 カーブでは、外側の腕をより強く振るように意識してください。
 通常はまっすぐ振りますが、腕が前に出る時に少し内側に入るぐらいでもOK!
 また、それでも、カーブがきつくて、どうしても外側に振られてしまうようであれば、
 内側の腕の振りを少し弱くします。

4.足を内側へ運ぶ
 直線ではまっすぐはしりますが、カーブでは、少し内側方向へ足を運ぶ意識を作ります。
 内側の足は、内側のライン近くに着き、外側の足を気持ち内側に入れコース中央につくイメージ。
 足の運びだけ意識しすぎて、スピードが落ちてしまうのであれば、ココはスルーしてもOKです。

 

5.ゴールの先までまっすぐ走り抜ける!

最後はコレ、走っている時に、周りの友達が気になって、「横をちらっと見たり」「斜めに走る」、

ゴール直前でスピードを緩めてしまう場面も多く見ます。

速く走る為には、まっすぐ走る事が一番です。

その為にも、周りは気にせず、ゴールを見てまっすぐ走りましょう!

とくに、ゴールテープがある時に、テープ前で止まってしまう子もいますよね(笑)

ゴールの場所まで走るのではない!ゴールの先まで走り抜ける!!

まとめ

せっかく、ポイントをチェックしても、日にちが経ち、運動会のスタートラインについた時には、忘れてしまっていること、ありますよね。

当日の朝にも、お子様と一緒に確認してください!

また、YouTube動画では他にも詳しい内容を紹介しております。まだ、運動会まで期間があるようでしたらぜひ、チェックしてください。

1.スタートの姿勢
 ・両足の前後の幅は、広げすぎず、狭すぎず
  後ろ足はつま先をトン
 ・膝をかかとより前に出す
 ・頭をスタートラインの前に出す
 ・視線は1~2m先の斜め下
 ・前足側の腕を後ろに引く
 
2.スタートの合図は早い!
 ・「位置について」でスタートライン付近に立つ
 ・「用意」で後ろに足を引く
 ・「スタート」姿勢を素早く作る
 
3.腕をしっかり振る
 ・手の形は何でもOK
 ・肘を曲げて走る
 ・前後にまっすぐ大きく振る
 
4.カーブは内側のライン近くを走る
 ・体を少し内側へ倒す
 ・視線はカーブの先
 ・外側の腕を強く振る
 ・足を内側へ運ぶ
 
5.ゴールの先までまっすぐ走り抜ける!
 ・周りの子を気にせず、横を見ない
 ・ゴールの先まで走り抜ける

 

YouTube「みらスポチャンネル」かけっこ再生リスト

関連記事

  1. 【幼児~1年生編】運動会直前でもOK!『かけっこ』ですぐに身につく5つ…

  2. 【かけっこのコツ】腕振りで意識するポイント